ヒートカッターの使い方

隠毛処理にヒートカッター

 

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切ることで、毛の先端を丸くしてくれる隠毛用のカッターです。

 

カミソリやハサミでカットした場合は、毛先が尖ってしまうためにチクチクとした不快感があったり、ショーツから毛が突き出てしまうこともあります。

 

ヒートカッターを使用すれば、それらを防いでくれますよ。

 

ヒートカッターを使うメリットやデメリットは?

 

メリット

 

自宅で処理できるので、いつでも出来るし誰にも見られない。
毛先を丸くカット出来るので、チクチク不快感がない。
ショーツからツンツン毛が飛び出してこない。
肌に直接触れる処理ではないので、肌トラブルが起こらない。
先端にコームが付いているので、隠毛を整えながらカット出来る。

 

デメリット

 

焦げ臭い時がある。
毛を片づける必要がある。
根元から毛を処理できない(ハイジニーナは無理)

 

ヒートカッターは、あくまで隠毛の長さを整えるアイテムです。

なので、Vラインの形を整える際やIOラインを無毛にしたい時には「Iラインシェーバー」や「除毛クリーム」を使って処理すると肌トラブルを避けることが出来ます。

 

また、「処理する時間を減らしたい」「肌をキレイに保ちたい」と思っているなら、サロンやクリニックで「気になる部分だけを処理する」という方法もありますので、考えてみてはいかがでしょうか?

 

ヒートカッターに変えるだけでデリケートゾーンのトラブルが解消する!?

今まで使用していた処理アイテムを「ヒートカッター」に変えるだけで、デリケートゾーンのトラブルが改善するかもしれません!

 

  • デリケートゾーンの黒ずみ
  • ショーツを突き抜ける毛
  • 埋没毛
  • デリケートゾーンの痒み
  • 隠毛付近の傷と毛嚢炎
  • デリケートゾーンの臭い

 

ヒートカッターならLCラブコスメのVライントリマーがおすすめ

 

ヒートカッターと言っても、種類がたくさんありますよね!

 

値段だけでなく、機能も多種多様でどれにしたらよいか迷ってしまいます。そんな中、当サイトでおすすめしたいのは「LCラブコスメのVライントリマー」です。

 

おすすめする理由

 

  • 充電式なので、使う時にコードが邪魔にならない。どこでも使える!
  • コームが熱を持った部分に肌が当たらないように守ってくれる。
  • 使用している時しか電源が入らない安全設計。
  • スイッチが1つしかないので、機器が苦手な方でも簡単に使える。
  • スイッチを入れて隠毛に当てるだけで簡単に処理できる。
  • トリートメントセットで購入するとお買い得でフワフワ毛質もGET!

ヒートカッターを使ってみたいけど、上手に処理できるかわからないと思っている方は多いと思います。そんな初心者の方向けのヒートカッターが「Vライントリマー」なんですね。

 

Vライントリマーの特徴

ヒートカッターの画像1
ヒートカッターは、機能性や使い方など製品によって仕様が変わってきますが、LCラブコスメのVライントリマーは、その中でも「使いやすさ」に重点を置いています。

 

使い方はシンプルで簡単!気になる毛を少量つまみ、Vライントリマーを当てるだけで毛をカットしてくれます。

 

カットした後は、付属のトリートメントを使用して隠毛を整えることで、さらにフワフワで柔らかい隠毛になりますよ。

 

次に写真付きで詳しいVライントリマーの特徴を紹介して行きますね!

 

ヒートカッターの画像2

 

1)スイッチがありますのでそれぞれの用途で押してください。
0はOFF」「1は200度」「2は250度」になります。

 

ヒートカッターの画像3

 

2)1の位置にスイッチを動かします。そして、スイッチを押していると徐々に熱線が熱くなっていきますよ。

 

スイッチを押し続けていないと熱線が熱くならない安全設計なので、故障だと思わないでくださいね。

 

ヒートカッターの画像4

 

3)コーム部分も直接肌に触れない設計で安全です。さすが、女性向けの製品を扱っているLCラブコスメですね。

 

ヒートカッターの画像5

 

4)コームは簡単に取り外せますし、交換用にもう1つついています。

 

5)音は熱で焼き切る仕組みなので音がうるさくありません。深夜帯でもこっそり処理出来ます。ただし、ヒートカッター自体の音はないですが、「ジュッ」と焼け焦げた音と臭いはしてきます。

 

※お風呂場で処理する場合は、機械なので水がかからないように気を付けてください。

 

6)一度に処理出来る量はハサミに比べると少ないですが、毛にヒートカッターを当てた瞬間焼き切ってくれますので、焼き切る時間も思った程かからず処理時間もそんなに多くありません。

 

ヒートカッターの画像6

 

7)付属品には、「ヒートカッター本体」と「携帯用ポーチ」に「交換用コーム」「掃除用のブラシ」「充電用のUSBケーブル」がついてきます。

 

マイクロUSBなので、携帯に使っているコードを使用すれば、そのまま充電することが出来ます。

 

LCラブコスメは使いやすいように都度改良!発送方法もプライバシー配慮!

LCラブコスメのVライントリマーは、使用者の意見を参考にして日々改良しています。その中でも「もっとパワフルに毛量をたくさん処理したい」という要望がありました。

 

その意見を元に「カット部分の面積をワイド」にし、「熱線温度も2段階」にすることによって「短時間で毛をカット」出来るように改良されました。

 

見た目もとてもスタイリッシュで、一見してヒートカッターとはわからないデザインです。

 

また、デリケートゾーン関係の製品を通販で購入するのって「家族や宅配業者」にはバレたくないと思うでしょうね。

 

それに配慮して、発送時は「商品名」がわからないようになっていますし、普通のコスメでも購入したかのような梱包なので、気軽に購入出来ます。

 

ヒートカッターの画像7

 

 

ヒートカッターで隠毛を処理した体験談を聞いてみました。

 

隠毛の自己処理って、簡単なようで案外難しいです。でも、上手に処理している人がいるのも事実!

 

そんな方たちが使っているのが「ヒートカッター」であったりします。

 

実際にヒートカッターで自己処理したことがある方に、メリットやデメリット、コツなどを聞いてみました。参考にされてみてくださいね!

 

 

前々から隠毛の処理をどうにかしたいと考えていましたが、脱毛までする勇気はありませんでした。そこでヒートカッターを使用してみることにしました。毛を焼き切るということなので、使用中は独特の匂いがありました。そこさえ我慢すれば痛いこともないし、仕上がりがチクチクすることもないのでとてもいいなと思いました。


 

 

最初は、自分で処理してしかもよく見えないところを電熱線を扱ってするなんて、少し怖かったけど、実際やってみると、くしのようになっているので肌に触れずに切れて、毛先は熱で焼いているため、ハサミで切ったような切り口ではなく、焼け焦げて縮れているようなので、処理後もチクチクするようなことはほとんどなく、すっきり過ごせています。


 

 

自分でハサミやカミソリでカットするよりも、ヒートカッターの方が断然良かったです。直接肌に当たらず熱くなることもありませんでした。ヒートカッターの方が毛先が丸くなるので処理後が痛くありません。下着から突き抜けてはみ出る心配もないです。ただ、カミソリのように全くなくすことはできないのですが長さを整える程度であれば良いアイテムです。


 

 

夏場、水着を着る前に使っています。スイッチがオン・オフではなく、押さえてる間だけ熱くなって切れるタイプです。とにかく楽です。一気に沢山は切れませんがスッと切れるのである程度時間がかかっても全く苦になりません。処理中はかなり焦げ臭くなるので換気が必要かもしれません。毛先が丸くなるのでチクチクしないところが気に入っています。今の所デメリットが見当たりません。


 

 

量はそんなに多くはないのですが長さが気になっていました。使ってみるまで心配だったんですが、そんなに熱くなく思いのほかすばやくカットすることがました。ハサミのようにチクチクしたりすることもなかったです。コーム型になっているので短すぎてしまうこともないです。処理するようになってから生理中の不快感も減り快適になりました。


 

 

ヒートカッターの先がコームのようになっていてそこに毛を通すと切れる仕組みでした。 実際に使ってみて、毛先は熱でカットするので丸くなるので、チクチク痛いなどということはありませんでした。 ただ、他人と比べることができない場所なので、どのくらいがちょうどいい長さなのかがわからないので、やりすぎには注意が必要です。 熱を使っているので、コームは少し暖かくなりますが、やけどなどはありませんでした。 毛が下に落ちるので、ティッシュなどひいてからの使用をおすすめします。


 

 

普段はカミソリやハサミを使って隠毛の長さを整えるようにしていましたが、再び生え始めてくると先が尖ってツンツンしてかゆみが出てしまうため、ヒートカッターを使用するようになりました。 ヒートカッターは熱さに気をつけて使用すれば危ないこともなく、とても簡単に隠毛の処理ができるのでとても助かっています。


 

アンダーヘア

page top