隠毛について

隠毛を脱毛器で処理する方法

光脱毛は脱毛サロンで行うもの」と思っている方も多いかもしれませんが、それが自宅で手軽に出来る方法があります。それが「家庭用光脱毛器」になります。

 

セルフケアは、肌トラブルを引き起こすことが多いですが、光脱毛器は肌への負担が少なく、使い続けることで毛を細く目立たせなくする働きもあるのでおすすめです。

 

脱毛サロンやクリニックで、絶対に隠毛を人に見られたくない!と言う方にも良いですね。

 

光脱毛器には、様々な種類があり、VIOには適さないものもあるので、しっかり調べてから選ぶようにしましょう。今回は、家庭用光脱毛器について詳しくご紹介いたします。

 

家庭用光脱毛器のメリット

@ 時間や費用の節約

 

脱毛サロンやクリニックでVIO脱毛を行うとなると、10万円程度は覚悟しなければなりません。しかも、満足行くまで施術を続けるとなると追加料金も取られることも。

 

ですが、家庭用光脱毛器は最初の投資は数万円と大きいのですが、その後はカートリッジ代が発生する程度。年単位で通わなければならない脱毛サロンと比べると時間も金額も優しいです。

 

A 予約不要

 

当たり前ですが、自宅でのセルフケアになりますので、脱毛サロンやクリニックのように予約を取る必要はありませんし、自分がしたい時や気になった時に隠毛の処理が出来るようになります。

 

家庭用光脱毛器はどのように選べばいいの?

 

家庭用光脱毛器の多くは「フラッシュ脱毛(光脱毛)」ですが、中には「レーザー脱毛」もあります。

 

気を付けたい所は、家庭用光脱毛器は何も隠毛専用器と言うわけではありませんから、「隠毛に照射出来ないタイプ」も販売されています。ですから、注意書きをよく読んで「VIO使用可」と書かれているものを選びましょう。

 

選ぶポイントは、「隠毛だけに使用するのか?」「それ以外の部位にも使うのか?」「自分の肌の強さはどうか?」などを考慮して選ぶと良いでしょう。

 

フラッシュ脱毛とは

 

フラッシュ脱毛は、照射範囲が広く、処理時間を短縮出来ることが特徴です。痛みも比較的少ないのも良いですね。

 

脱毛サロンでも利用されている機器で、メラニンに光を反応させて毛根にダメージを与え、毛を脱毛したり、生えにくくすることが可能です。

 

レーザー脱毛とは

 

レーザー脱毛は、フラッシュ脱毛よりも照射面積は狭いですが、威力が強くより確実に細かく脱毛することが出来ます。痛みを感じることもありますが、しっかりポイントを押さえて脱毛したい方におすすめです。

 

クリニックで利用されている機器で、メラニンに光を反応させて毛根にダメージを与えます。

 

家庭用光脱毛器での安全な処理方法

@ ある程度、毛を残した状態で前処理をする

 

光脱毛器は、メラニンや黒い部分に反応して毛を処理します。

 

なので、毛を全て剃ってしまってから機器をしようしても反応せず、脱毛出来ません。「2mm」程度残した状態で脱毛したい場所をハサミなどで整えておきましょう。

 

ただし、「毛抜き」で整えるのはNG!光脱毛の効果がなくなってしまいます。

 

A お風呂で清潔にする

 

雑菌が入ってしまわないように、隠毛の周りをしっかりと洗っておきましょう。また、より清潔にするために「お風呂」へ入浴した後は消毒を行うのも大切。

 

清潔になったら、痛みを感じにくくする「アイシング」を行います。アイシングとは、「冷却する」と言う意味で、熱を感じづらくさせるのと同時に火傷防止にも繋がります。

 

施術中、光脱毛器によっては、「保冷機能」が付いている機種もありますが、ない場合には、保冷剤を用意しておくことも必要です。

 

B ホクロやシミのカバー

 

もしも、隠毛の周辺にホクロやシミがある場合には、光脱毛器がメラニンに反応して、肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。

 

また、毛を全て処理するハイジニーナ処理をしたい方以外は、残したい部分も保護しなければなりません。

 

なので、好きな形の専用パッドを当てたり、絆創膏を張ったり、また、水着を着用したまま行う方法もあります。

 

C 丁寧に照射する

 

いよいよ、脱毛開始です。使用する光脱毛器によって照射出力が異なりますので、初めて使用する際に調整出来るものに関しては1番低く設定して照射しましょう。

 

照射範囲を確かめるために、一番関係のない場所に照射することをおすすめします。

 

少しずつ照射して場所をずらしていき、痛みを感じないか?肌に赤みはないか?を確認しつつ作業を進めましょう。

 

D アフターケアをする

 

照射後は、肌が乾燥しがちでこの後炎症する可能性もゼロではありません。

 

なので、再度冷却を行いローションなどで皮膚をケアすることで肌の代謝が整い肌トラブルなく光脱毛器を使えます。

 

アフターケアは処理後だけではなく、それから3日間程継続するとより良いです。

 

おすすめの家庭用光脱毛器は?

 

光脱毛器は、毛根を破壊するわけではないので、永久脱毛は出来ませんが、近年の家庭用光脱毛器は「抑毛効果」が期待出来ます!

 

家庭用光脱毛器でここまで処理できるならパーフェクトではないでしょうか?もちろん個人差はありますが、数ヶ月単位で毛が生えてこない方もいるくらいなので試す価値はあります。

 

しかし、家庭用なので光脱毛器と言ってもどれくらい痛みがあるの?脱毛効果が期待出来るの?と思いますよね。そこで、ここではおすすめの家庭用光脱毛器を紹介します。

 

ケノン

 

ケノンは、家庭用脱毛器の中で6年間連続1位!

 

特徴は何と言っても照射面積の広さ!照射口が3.7×2.5cmと元々大きいので、レーザーよりも遥かにスピード処理が可能になります。

 

気になる脱毛効果は、「エステ並」と言うことなので、使用している女性が圧倒的に多いです。3種類のカートリッジが付属され、脱毛部位によってトップを交換することでそれぞれに合わせた脱毛処理が行えます。

 

ケノンの照射力は、10段階あるのでVラインはもちろん全身脱毛として使用出来ます。

 

IOラインに関しては、粘膜質で皮膚が弱いため推奨はされていませんので、使用上の注意点をしっかり守るか自己責任になります。

 

口コミでも「痛みもなく肌の乾燥が気にならない」「4種類あるケースが高級」「Vラインに使用後、毛が一週間で抜けた」と言う高評価です。

 

家庭用光脱毛器のよく聞かれる質問

Q 肌トラブルを起こさないで脱毛効果をアップしたいけどどうしたら良い?

 

肌に負担をかけずに脱毛効果をアップしたいのなら、家庭用光脱毛器で処理するよりもやはり脱毛サロンやクリニックで脱毛することをおすすめします。

 

セルフケアとなると、プロではなく自分で行うわけですから多少は肌トラブルのリスクが生じます。結局は自己責任。なので、プロに施術をしてもらった方が安心感はあります。

 

しかも万が一、肌トラブルが生じてもその場で薬を処方してもらったり、ケアしてもらえるので安心ですよね。そして、照射力もやはり自宅のものと脱毛サロンやクリニックのようなお店のものとは違います。

 

Q 光脱毛器を使う時に注意した方がよいことって?

@ 日焼けはダメ

 

処理後すぐに日焼けをすると、肌が処理後で敏感な状態なのにさらに刺激を加えてしまうことになります。すると、肌トラブルを起こしやすいので、海やプールへ行く直前に使用するのではなく、1週間ほど様子見で使用し、計画的に自己処理しましょう。

 

A かさぶたを無理やり取らない

 

光脱毛器使用後に、ムダ毛が残ったり、かさぶたが出来てしまうこともあるかもしれませんが、それをすぐに無理に抜いたり剥がしたりするのは辞めましょう。

 

数日経てば自然に抜けたり、剥がれたりするかもしれませんし、その時に処理するようにしてください。雑菌が入り込んでしまい肌トラブルに繋がる可能性があります。

 

B 入浴しない

 

処理後すぐに湯船に浸かったり、ボディソープを使用するのは辞めましょう。

 

身体を温めると痒みが出たり、ボディソープ類もデリケートな肌の刺激になってしまいます。同時に「運動」も控えることが重要です。

 

C 値段で選ばない!

 

これは、購入時の注意点になりますが、光脱毛器は「照射回数に限界」があります。

 

限度まで使用したら、使い捨てかカートリッジの交換になりますので、購入の際に「安いから」と言う理由で選ぶと後悔することもあります。値段相応の機能が付いているかしっかりと見極めてから購入しましょう。

 

光脱毛器で隠毛を処理した体験談

 

初期投資が高いので、「光脱毛器」を敬遠していた方も正直、気になってはいると思います。

 

でも、本当に効果があるの?脱毛サロンやクリニックでなくても大丈夫?と思っているかもしれませんね。

 

そこで、実際に家庭用光脱毛器を購入して使用した方に体験談を聞いてみましたので、メリットデメリットをしっかり読んで購入時の参考にしてくださいね。

 

 

正直痛いです。サロンでの脱毛も何度か経験していましたが、あれはやはり人前で、理性があるから我慢できていたんだなと思いました。出力を下げて試すこと数回。なかなか本気で痛い、と言うのが感想です。だからこそ、きちんとパワーがあると言うことなのかもしれませんが。部位によっては、自分ではケアしにくい箇所でもあります。鏡は必需品。美しさのためには気合と根性が必要です!


 

 

私は、子育ての傍らなかなか脱毛サロンに行くことができないので、脱毛サロンと同じような効果を得られると話題の、光脱毛器を使って脱毛をすることにしました。実際に、脱毛してみると本当に肌に優しくて感動しました。これまでは肌を傷つけてしまうこともあったので、光脱毛は肌に優しくてうれしいです。脱毛後の肌の触り心地もすべすべしているので気に入っています。


 

 

ケノンという光脱毛器を持っていて、隠毛の形を整えるために使いました。VIOは皮膚が弱いので、自己責任ということで恐る恐るしてみたのですが、出力量が低めであれば大丈夫でした。まだ2回ほどしかしていないので、あまり効果は感じられませんが濃いことが悩みなので、薄くなってくれればいいなと思っています。


 

 

隠毛にも使用できる光脱毛器なら「ケノン」がおすすめです。照射レベル1〜10段階に調節できます。今時点で5回ほど使用。3回目くらいからVラインの毛の伸びが確実に遅くなりました。(レベル7で使用。)今は照射さぼり気味でまばらな感じで生えてきますが、使用前に比べると断然毛量が違います。買ってよかったです。ちなみにI,Oもレベル5で照射してみましたが、まだ効果を感じられないです。いつでも好きな時にできるので、気長にやろうと思います。


 

 

私の、おススメする隠毛にも使える光脱毛器は、家庭用光脱毛器ケノンです。ケノンは、光脱毛器の中でも、常にトップクラスの評価を得ていて、その代わり値段も7万円と安くはないため、はじめは購入することをためらっていたのですが、脱毛サロンに通っていても、予約が取れなかったり、休日を無駄にするので、家庭用脱毛器を購入しようと決心しました。隠毛に使っても、サロンと同じようにだんだんムダ毛がポロポロ抜けていき、とても、お手軽でサロンのクオリティと大して変わらないため、購入して良かったなと感じています。


 

 

隠毛に使える家庭用光脱毛機として、ケノンをお勧めします。私はVIOラインをエステで他人にやってもらう事に抵抗がありました。でも脱毛したかったので、自分で出来て、効果もちゃんとある物を探しました。ネットでの口コミが高く、写真付きの体験談も何件か載っていたので、高額なのでかなり迷いましたが思い切ってケノンを購入しました。説明書には隠毛への使用は推奨されていませんでしたが、口コミを信じて自己責任で使用しました。結果、2回ほど使った段階でかなり減らすことができました。ツルツルにはしたくなかったので、自分で調整しながら出来た事に満足しています。[/st-kaiwa1][st-kaiwa2]私は今までサロンへ行ってお手入れしてましたが、隠毛はさすがに恥ずかしく諦めてましたが、ネットで目にとまったものが『ケノン』という光脱毛器です??セルフで出来るのにサロンとほとんど変わらない出力ということで購入をしました。除毛が少し大変ですが脱毛中ほとんど痛みもありません。なんせ他人に見られることがないので安心です。脱毛中家族や誰かに見られるとすごい格好なので気をつけましょう??


アンダーヘア

page top