隠毛

年齢別に見た陰毛の悩み

ここでは、各年代別に女性にアンケート調査をして、リアルな陰毛の悩みを聞いてまとめてみました。

 

20代女性の陰毛事情ってどうなの?

  • 陰毛が剛毛で悩んでいる。
  • 陰毛が少なすぎて悩んでいる。
  • 友人が陰毛の処理をしているのは知っているが、どう処理しているかは聞けないので、自分もどう処理して良いかわからない。
  • サロンへ行き始めている友人もいるが、金銭面で行くことが出来ない。
  • 生理の時の臭いやムレが気になるので脱毛したいと思っている。
  • ハサミやカミソリで陰毛を整えているが、本当にこの処理で良いかわからない。
  • 恋人や友人にデリケートゾーンを見られるのが恥ずかしい。

このように、20代は大人になり、積極的にVIO脱毛について考える年代になります。

 

そして、露出の多い服装を好んで着ることも多いので、陰毛処理もしっかり行っておきたいという悩みもあります。

 

自己処理で通そうか?それともサロンへ通おうか?の分岐点でもありますね。年代は関係ないと言われても、初めて行くなら20代の内に済ませておきたいサロンデビュー。

 

そして、自己処理なら今まではカミソリやハサミで何となく処理していたけど、「ちゃんと処理したい!」と言う気持ちが生まれてくるのもこの時期です。

 

自己処理の方法には、カミソリやハサミ、毛抜き以外にもヒートカッター、電気シェーバー、除毛クリーム、ブラジリアンワックス、家庭用光脱毛器など様々なムダ毛処理アイテムがありますよね。

 

ずばり、20代の陰毛の悩みは「脱毛の仕方」と「サロンデビュー」にありそうですね。

 

30代女性の陰毛事情ってどうなの?

  • 肌の露出が少なくなったが、子どもと一緒にプールへ行く機会が増えたので、陰毛の処理が増えた。
  • 20代の内に永久脱毛にしておけばよかったと思った。
  • 自己処理だと20代よりもデリケートゾーンのトラブル(傷や黒ずみなど)が多くて悩んでいる。
  • 20代の時にクリニックで永久脱毛して、30代になってその形を後悔している。
  • 妊娠中はお腹が大きくなり、デリケートゾーンが見えないので、20代の内にサロンへ行っておけばよかったと思った。
  • 数本のみだけど、陰毛に白髪が混じっていてショックだった。
  • 陰毛の白髪を抜くかそのままにしておくか悩んでいる。

このように30代は、陰毛の処理を20代の頃と同じように行うと肌トラブルになることも多いので、面倒だと感じるようになり、若い内にサロンなどへ行って脱毛しておけばよかったと感じるようです。

 

他には、20代よりも露出頻度は低くなるものの、子どもと海やプールへ出かける機会が増えるので、陰毛の手入れを念入りに行わなくてはならなくなるようです。

 

ですから、処理は面倒だけど、処理しないわけにはいかないというジレンマが30代女性にはありそうです。

 

そして、20代のまま30代を過ごしてしまったら、40代は一気に老けてしまいます。それは、陰毛事情も一緒。積極的に陰毛のケアに努めたいですね。

 

ずばり、30代の陰毛の悩みは、「20代してこなかった後悔」と「加齢に伴う身体の変化」にありそうですね。

 

40代女性の陰毛事情ってどうなの?

  • 頭髪よりも先に陰毛に白髪が生えてショックだった。
  • 陰毛に白髪が生えるのは男性だけだと思っていたので、自分に生えて恥ずかしくなった。
  • 40代を過ぎてから、陰毛のゴワつきが気になるようになった。
  • 生えてきた白髪を抜いて、皮膚が炎症するし、痛いので処理に悩んでいる。
  • 加齢に伴い、陰毛の毛量が減ってきたので、公共施設で恥ずかしい。

このように、40代は女性ホルモンの分泌量が変化することによって毛質も大きく変わってしまいます。考えたくもないですが「初老」と言われるわけですね。

 

今までは感じることのなかった陰毛のゴワつきや、白髪の増加など40代女性特有の症状から陰毛のコンプレックスを感じる方は多いようです。

 

キチンとケアを行えば改善できる症状ですが、ある程度受け入れる気持ちも大切だという意見も多く見られます。

 

ずばり、40代の陰毛の悩みは、「加齢に伴う陰毛の変化への戸惑いやコンプレックス」でしょうね。

 

若さを保つためには、生活習慣の見直しや自分でできるケアを始めたい所です。そうすることで50代60代とその後に大きく差が出るので頑張ってくださいね。

アンダーヘア

page top