隠毛について

黒ずみの原因は摩擦と乾燥、毛穴の汚れ

黒ずみの原因を知ることが出来れば、新たな黒ずみを作らずに済みますので、肌のターンオーバーの際に自然と改善していくかもしれません。

 

デリケートゾーンが黒ずんだらまず摩擦を疑え!

 

摩擦”これはデリケートゾーンの黒ずみを作る原因として最もポピュラーな原因です。

 

ショーツや補正下着、スキニージーンズなどの締め付けによって摩擦が増え黒ずみが作られてしまいますし、デリケートゾーンが圧迫され血流が悪くなり黒ずみが出来てしまうこともあります。

 

ショーツは「サイズが合ってなくてキツすぎる場合」や「締め付けの強いゴム」で血行不良を起こします。Vラインだけではなく、なんとIラインにまで被害が及ぶことも。

 

そのため、ショーツはゆったりとした形のものを選ぶのが良いです。

 

また、補正下着は身体のラインを整える効果はありますが、長時間の使用は圧迫してしまうので黒ずみの原因になってしまいます。

 

ナイロンやポリエステル素材などの化学繊維のものではなく、綿や絹など肌に優しい天然繊維のものを使用した方がよいですね。

 

日常生活で黒ずみを予防する方法

 

  • キツイ下着ははかない
  • 合わない下着ははかない
  • 補正下着をはかない
  • 綿やシルクなど天然素材が理想
  • デニム生地や硬い生地は避ける

 

また、隠毛の処理の際にカミソリなど陰部に直接刃が触れるもので処理すると摩擦により黒ずみやすくなります。処理にはヒートカッターなど肌に触れない方法で処理すると良いですよ。

 

おすすめショーツはボクサータイプ!?

 

サイズはもちろん自分の身体に合ったものを選ばなければなりません。

 

締め付けが強いと先程言ったように黒ずみの原因になります。

 

ボクサータイプのショーツは普通のショーツよりも面積が広く摩擦を起こしにくいですし、足の付け根までカバーしてくれるので、足の付け根の黒ずみを防ぐことが出来ます。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因は毛穴汚れ!?

 

デリケートゾーンにももちろん毛穴があります。毛穴汚れって気にしたことがありますか?

 

デリケートゾーンの黒いブツブツの黒ずみもまた毛穴詰まりによる黒ずみなんですね。

 

毛穴は本来汚れや皮脂をしっかり取り除く働きをするのですが、正常な働きが出来なくなると毛穴が開いたままになりそこへ汚れが貯まって行きます。

 

それが空気に触れて酸化すると徐々にブツブツとした黒ずみに変化していくんですね。

 

デリケートゾーンをしっかり温めて毛穴を開いてから脱毛するなど、ひと手間加えるとダメージを減らすことが出来、デリケートゾーンの黒ずみを予防することが出来ますよ。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因は乾燥!?

 

デリケートゾーンの肌は、他の部位よりもかなり弱い部位に当たるので「乾燥」は大敵です!

 

特に加齢に伴い乾燥も酷くなっていくので元々乾燥肌の方は年齢を重ねるごとに入念なケアが必要でしょう。

 

Vラインは特に黒ずみやすいのでデリケートゾーン専用ローションを使用しましょう。

 

その際、保湿だけではなく、美白成分も含まれているものを使用するとすでに出来ている黒ずみを改善することが出来、同時にケア出来ますね。

 

摩擦」・「乾燥」・「毛穴汚れ」この3点を気を付けることが出来れば、かなりデリケートゾーンの黒ずみを予防することが出来るのではないでしょうか?

 

そのためにもデリケートゾーン専用の保湿クリームやローションで保湿ケアなど念入りに対策をしましょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみって薄くできる?

 

デリケートゾーンの黒ずみの予防や解消法には、自宅でケア出来るセルフケアとクリニックで行う治療の2種類があります。

 

しかし、黒ずみは、普段通りに暮らしているだけで出来るものです。

 

なので、除去したとしてもまた出来てきます。毎日のケアを習慣づけていけば、黒ずみを出来にくくすることも出来ます。

 

デリケートゾーン専用美白クリーム

 

一番安心して使用できるのが、陰部専用クリームです。陰部に優しい無添加で作られているため、肌を必要以上に傷つけることがありません。

 

陰部専用のクリームが激売れする一方で、「全く効果がない!」と不評があるのも事実。これは、使用者の大きな誤解のせいかもしれません。

 

そもそも、陰部専用クリームで「黒ずみを全て消そう!」というのは、大きな間違いです。デリケートゾーンと言うのは、常に摩擦が生じている部位になります。つまり、常に黒ずみが作られる環境におかれているという考え方が必要です。

 

陰部専用クリームには、黒ずみを薄くする効果はありますが、クリニックで除去したような白い肌を取り戻す効果はありません。

 

クリニックで除去するには高額ですし、何もケアしないでいるのは黒ずみを濃くする可能性も高いです。なので、陰部専用クリームには、毎日ケアすることで「黒ずみ予防」として有効なのです。

 

黒ずみ効果

 

黒ずみが薄くなった

ピンクとまではいかないが効果はある

肌色になった

全体的に色が明るくなった

ビキニラインの黒ずみに効果あり

 

使用部位は、膣を除いた表面のデリケートゾーンに使用できます。もちろん肛門部もOK!効果の目安は、使用開始から3カ月〜4カ月が多いようです。

 

陰部専用石鹸(ソープ)は黒ずみに効かない!?

 

陰部専用石鹸で有名なのが、ジャムウをベースに作られた固形石鹸です。ジャムウとは、天然ハーブのことで、日本人の肌質に合わせて作られた石鹸も販売されています。

 

黒ずみと臭いに特化した石鹸と謳われることが多いのですが、所詮、水で洗い流す石鹸です。泡を立てて陰部をケアしても、最後はキレイに汚れを洗い流さなくてはいけません。

 

これでは、せっかくの黒ずみケアが台無しです。

 

しかし、臭いを解消する力は抜群!市販の石鹸よりも、はるかに刺激が少なく、臭いに特化した成分が含まれています。

 

陰部専用石鹸を使用する時は、黒ずみケアではなく汚れや臭いを除去するボディソープ感覚で使用すると良いでしょう。

 

黒ずみ効果

 

黒ずみ解消は期待できない

効果なし

気休め程度

普通の石鹸よりも安心できる

 

口コミでは、陰部の臭い対策に使用している女性が多いようです。

 

石鹸+クリームが理想

 

陰部の黒ずみを効果的にケアしたいなら、陰部専用石鹸と専用クリームを併用しましょう。刺激が少ない無添加質の石鹸は、痒みや乾燥に効果が高く、ホルモンバランスが乱れやすい40歳以降の方にも、かなりオススメです。

 

また、若い世代の女性であれば、毎日ケアすることで黒ずみ対策や予防に効果的です。最後は、専用クリームでしっかり色素沈着を抑えて、黒ずみを作らない対策をしていきましょう。

 

レーザー治療

 

陰部の黒ずみ除去法で一番効果が高いと言われているのがレーザー治療です。

 

陰部の黒ずみケアに限界を感じている女性は、クリニックのレーザー治療を視野に入れてみましょう。

 

この方法なら、美白クリームよりもはるかに高い効果を得られるはずです。

 

VラインやIライン、Oラインの粘膜部分までも照射をあてられるので、性器内側の気になる黒ずみを全体的に削り取ることができます。

 

保険適用外のため、保険適用外のため費用の負担が大きいことと痛みが強くでやすいことが難点。

 

加齢により黒ずみが増えてきたかな?と感じる女性は、専用クリームではなく、即効性のあるレーザー治療がおすすめです。

 

クリニックで陰部の黒ずみを治療する場合は、レーザートーニングとインティマレーザーの2種類があります。

 

レーザートーニング

 

レーザートーニングは、黒ずみをレーザー治療で解消する場合の一般的な方法です。

 

シミや肝斑、タトゥー除去に用いられることもあり、皮膚の細胞にかかる負担を減らし、弱い出力で均等に照射をあてられるのが特徴です。

 

医師の判断にもよりますが、VラインやIラインなど表面に見える黒ずみに用いる除去法はレーザートーニングが多いようです。

 

気になる黒ずみに対し均等に照射をあてながら、メラニン色素に直接ダメージを与えて陰部の黒ずみを解消します。

 

刺激が少なく均等に照射があてられるというメリットがあります。痛みは、輪ゴムで弾かれた痛みと答える人が多いので、決して我慢できないほどの痛みではありません。

 

1回の照射は、おおよそ10,000円~と、クリームよりもはるかに高いですが、黒ずみ解消効果だけを本気で求めている人には、レーザートーニングをおすすめします。

 

価格相場10,000円〜/施術回数5〜6回/施術時間15〜20分

 

インティマレーザー

 

陰部の中でも特に敏感な部位と言われているIライン。Iラインとは、性器の割れ目周辺のことで、内側へいくほど黒ずみやすく、脱毛時の痛みも生じます。

 

治療回数が圧倒的に少ない即効型なので、1回100,000円とかなりの出費を覚悟しなければいけませんが、1回で黒ずみ解消効果を実感できた人も大勢います。

 

痛みを和らげるために麻酔クリームや冷却を施しますが、多少の痛みはあります。そして、施術中よりも術後に痛みを感じやすい人が多く、すり傷ができた時のように陰部全体がヒリヒリするようです。

 

ですが、切除手術ではないので誰にもばれることなく、短期間で解消することができます。即効性を求めている人には、おすすめするレーザー治療の一つです。

 

価格相場100,000円〜/1回の施術で効果あり/施術時間15〜20分

 

レーザー治療をしても黒ずみは再発する

 

レーザー治療で黒ずみを解消できたとしても、日頃のケアを怠ると黒ずみは増えて行きます。

 

レーザー治療というのは、黒ずみ削り取ることで一時的に陰部をキレイに見せることはできますが、メラニンが発生する仕組みを絶つわけではないので、治療後もケアを続ける必要があります。

 

陰部専用クリームを上手く併用すると、黒ずみができにくく肌の保湿としても効果的です。

 

食生活で予防!

 

食生活を改善すれば、身体の内側から黒ずみを予防することが出来ます。

 

肌のターンオーバーを正常化し、メラニンを早く排出してくれるような食べ物を意識して摂取するようにしましょう。

 

ビタミンCは「メラニン生成を抑制し、黒ずみを予防」、鉄分は「肌のターンオーバーを促進」、タンパク質は「美肌づくりに重要」、亜鉛は「すでに出来てしまった黒ずみに効果的」で、これらの栄養素は欠かせません。

 

デリケートゾーンだけではなく、もちろん他の部位にとっても健康や美容にも良いので、率先して摂取するようにしましょう。

 

アンダーヘア

page top