男性の陰毛処理

男性の陰毛処理についてメリットや処理方法

陰毛の処理は、女性だけのイメージが強いですが、メリットがとても多いので、男性だからこそ綺麗に処理するべきとも言えます。

 

「男性が陰毛の処理をすることに抵抗がない」と、答える女性はたくさんいますし、むしろ「彼氏にはして欲しい!」と思っているくらいで、清潔感があって、好印象を抱いてもらいやすくなります。

 

しかし、処理方法や残す毛の量などわからないことだらけで、脱毛に踏み切れずにいる男性がほとんどです。

 

「男性でも出来るデリケートゾーンの毛の処理の方法」について詳しくご紹介しますね。

 

陰毛処理は、男性にとってどんなメリットがあるの?

 

陰毛に関しては、基本的に男女平等な考え方を持った方がいいと思います。

 

女性には綺麗に整えることを強いて、自分は全く無処理であるというのは、あまり好ましくありませんし、お互いの関係を維持するにも常に美意識を持って生活することが大切です。

 

メリット

 

@ ラブタイムが円滑に
女性は、男性に求める条件として「清潔感」を挙げる方が多いです。

 

普段は見えない部分でも、ラブタイムになれば全身をさらけ出すことになりますよね。特にデリケートゾーンは注目の的になる部分ですが、清潔感のない見た目だと女性はどん引きです。

 

あなたのことが好きでも、ラブタイムだけ積極的になれなくなってしまうかもしれません。そして、そんなことが続くと申し訳なさもあり、破局…なんてことも。

 

最低限、「清潔感」のある程度に脱毛処理をした方がよいのではないでしょうか。

 

A 性器が大きく見える
男性の中には、性器の大きさにコンプレックスを抱いている方も多いと思いますが、陰毛が多いとどうしても性器が隠れてしまい小さく見えてしまいますよね。

 

自分に自信をつけると言う意味でも、陰毛を処理することは良い考えかもしれませんね。

 

B 下着からはみ出さない
陰毛が下着からはみ出すと、すごく不清潔に見えますよね?

 

もしも、彼女がショーツから陰毛をはみ出していたらどんな気持ちになりますか?女性もあなたに対してそんな気持ちになります。

 

男性の中には、ボクサーパンツからはみ出るほど、陰毛が生えている人もいます。他人の目には普段留まらない部位ではありますが、いざと言う時のためにきちんと処理していた方が好感も持てますよね。

 

C デリケートゾーンの臭いを軽減
男性は女性と比較して、汗をかきやすい体質にある上、体毛が濃い人が多いため、下着によるムレが気になる方が意外と多いのではないでしょうか?

 

毛を処理することで、夏場のムレを防ぐことが出来ますし、雑菌繁殖も減り、デリケートゾーン特有の臭いを軽減させることが出来ます。

 

D トイレでのイライラを軽減
男性は、女性に比べてOライン(肛門の周り)に毛が生えやすいですが、そこに便がつき、拭ききるのに時間がかかってしまいますよね。

 

男が陰毛処理しないというのは、時代遅れ?

男性が脱毛処理をする人は、年々増加傾向にあります。

 

特に男性は、女性よりも体毛に対して悩みを抱えている方が多いと思いますので、きちんと処理を行った方がよいと思います。

 

男性の中では「陰毛が多い方が男らしさを感じる」という意見もありますが、女性の中では「不潔な印象」を持ちやすいです。

 

最近は、「メンズ専門」の脱毛サロンやクリニックもあります。脱毛処理を行うことに対して、抵抗を感じている人はかなり少ないんじゃないでしょうか。

 

男性の陰毛(陰毛)処理方法

陰毛の脱毛方法は、大きく分けて二つあります。

 

自宅で処理するセルフケアと、サロンやクリニックで脱毛処理してもらう方法ですね。

 

自己処理は手軽に誰にも見られず低コストで終わらせることが出来ます。

 

しかし、サロンやクリニックと違い処理の頻度は高くなってしまいますし、見た目も上手く処理出来ないということが考えられます。

 

しかし、サロンやクリニックで施術してもらうと、他人に見られるという羞恥心がありますよね。

 

でも、女性だって綺麗な陰毛を手に入れるために施術してもらっているんですよ。

 

自分で処理する方法

自分で陰毛を処理する場合に、おすすめなのは「ヒートカッター」と「除毛クリーム」を使用する方法です。

 

特にIラインOラインは、「除毛クリーム」で一気に処理しましょう。

 

この部位は、陰毛が生えていてもメリットはありません。

 

生えていることで、汚れが付着したりなどデメリットが多いので、すっきりと脱毛してしまいましょう。

 

次に、問題のVラインです。ここは、温泉やパートナーに見られる部位なので、自然な形で残しつつ清潔感があるようにしましょう。

 

具体的に、どれくらい処理をすればいいか?と言いますと、ブリーフタイプの水着を着た時をイメージしてください。その時に、はみ出したりせずすっきりと見える感じが理想です。

 

Vラインはハサミやヒートカッターで処理

@ まずはハサミでカット
男性は、毛量が非常に多いため、まずはVライン(お腹のヘソ下から足の付け根辺り)をハサミで整えやすいようにある程度まで短くカットしましょう。

 

カミソリを使って一気に剃ってしまうのは、コストも安く、手軽で一番簡単ですが「埋没毛」や「肌トラブル」の原因になってしまいますのでおすすめしません。

 

すきばさみを使って、ボリュームを減らすのも一気に清潔感が出て良いですね。

 

A ヒートカッターを使うとより効果的
ハサミやすきばさみで陰毛のボリュームを減らすと、陰毛が大分すっきりした印象になり清潔感が出ますね。

 

しかし、ハサミで処理すると毛先が尖ってしまうので「チクチク」と不快に感じませんか?おそらく、ラブタイムの際にパートナーも同じ印象を抱いてしまいます。

 

それを改善したいのであれば、ハサミで毛量を減らした後に「ヒートカッター」を併用するとこのチクチク感がなくなるのでおすすめです!

 

ヒートカッターは、毛先を熱で丸くしてくれるので、処理後も毛先が尖ることはありません。なので、チクチクしないんですね。

 

IOラインは除毛クリームで

Iライン(陰茎周りと陰嚢部分)とOライン(陰嚢裏から肛門周り)は、除毛クリームで処理しましょう。

 

クリームを塗って数分間放置するだけでツルンとキレイに毛が抜けます。

 

除毛クリームで一気に全部でもOK!
IOラインにおすすめしましたが、除毛クリームは肌を傷つけることなく、体毛を除去することが出来ますので、毛量の多い男性には便利なアイテムになります。

 

自然体に毛を残したいのではなく、完全に陰毛を除去したい場合には、除毛クリームで全処理しても構いません。

 

男性は陰毛と腹毛が繋がってしまっている方もいるので、腹毛処理に使用してもいいと思いますよ。

 

肛門の毛(けつ毛)の処理は除毛クリームがおすすめ!!

 

男性の陰毛は、どんなデザインにすればいいの?
陰毛処理アイテムは、女性用に開発されているものが圧倒的に多いですが、もちろん男性にだって使用できます。

 

むしろ、皮膚の薄いデリケートな女性に適したものなので、肌トラブルになりにくく安全性が高いです。なので、敏感肌の男性にはピッタリです!

 

なので、インターネットで購入するのもおすすめです。

 

脱毛サロンやクリニックでの処理方法

「男性が脱毛サロンやクリニックに行くなんて恥ずかしいんじゃない?」と言う認識は間違っていますよ。最近では、男性も通う方が多いためにわざわざ「女性専用」「男性専用」サロンやクリニックが作られているくらいですからね。

 

それだけ、男性の脱毛に対する意識も高くなって来ていると言えますし、需要があるんですね!

 

メンズ専用になると、男性しか来店しないので、女性に会うことはないですし、施術してくれる先生も「男性」というお店も多いです。

 

正直、セルフケアをして、「失敗したくない」「自信がない」「一度どれくらいケアすればいいのか知りたい」という方なんかは、脱毛サロンやクリニックで脱毛処理するのも手だと思います。

 

男性専用サロンでは、VIO脱毛の他にも男性特有の悩みである「ヒゲ脱毛」や「胸毛脱毛」なんかも人気が高いです。

 

陰毛を処理するのに、「上手く出来るか自信がない!」という方は、プロに施術をしてもらった方が間違いがないですし、色々なアドバイスも聞けると思いますよ。

 

陰毛を処理している男性をどう思いますか?

 

陰毛を処理している男性を女性が見たらどう思う?

 

男性の陰毛の脱毛に対して、女性はどう思っているか?男性からすると気になる所ですよね。

 

女性に「もし自分の彼氏が脱毛していたらどんな風に思うのか」聞いてみました。

 

  • 清潔感があり、衛生的な感じがする。
  • モジャモジャは嫌。でも、仕方ないかなとは思っている。
  • 自分よりも毛がないと引く(無毛)。
  • 自然体がいいと思う。
  • 特別気にして悩む必要はないけど、ある程度整っている方がいい。

 

女性は彼氏の陰毛に対して、そこまで気にしていないかもしれませんが、それでも自然体で綺麗なことは良いと思っているようですね。

 

男性も女性に対して同じように思っているかもしれませんが、女性のナチュラルな綺麗な陰毛は、何もしないでそのまま毛が生えていてあの見た目になっているわけではありません。

 

女性なりにパートナーに幻滅されないよう自然体に見えるように処理しているから、清潔感があり、キレイに見えるんですよ。

 

つまり、ナチュラル=そのままボーボーではありません。

 

自己処理でナチュラルな陰毛にするには、「ヒートカッター」を使用すると思ったような形にすることが出来ますよ。

 

陰毛処理している男はモテるのか!?
陰毛を処理しているからと言って、絶対モテるのかというとそうゆうことではないでしょう。

 

しかし、男性が女性の陰毛がキレイであって欲しいように、女性も不清潔に見える見栄えはやはり嫌でキレイな方が良いのは一緒です。

 

かといって、そうゆう所に無頓着な女性の前で、男性の方が完全処理しているのを目の当たりにすると逆に女性のプライドが傷つき、別れの原因にもなりかねません。

 

女性の方も不自然に見えないように、ナチュラルに整えている方の方が多いです。処理する場合は、完全脱毛よりも「ナチュラル」な感じがモテる秘訣かもしれませんね!

 

慣れてない人が自己処理するとやはり不格好な感じになってしまいますよね。

 

なので、自信がないという男性は、「メンズ専門脱毛サロン」や「クリニック」でプロにお願いするのも手ですよ。

 

お店で処理すると完全処理になってしまうのでは!?と思うかもしれませんが、「ナチュラル」にというオーダーも出来ますし、部分的に残したり、こうゆう形にして欲しいと細かな要望も聞いてくれる所が多いです。

 

男性の陰毛処理はどうしているのか聞いてみました。

陰毛処理のおすすめには、「ヒートカッター」と「除毛クリーム」をご紹介しましたが、他にもカミソリや電動シェーバー、ブラジリアンワックスと様々な処理方法があります。

 

最近は特に男性も髪型やファッション、スキンケアなど身だしなみを整えている人が多いですよね。

 

VIOの脱毛はもちろん、腕やスネ毛の脱毛なんかも女性並に力を入れています。

 

しかし、これから始めたい!と思っている方からすると、ちょっぴり恥ずかしい気もしますよね。女性のようには大々的に処理方法が載っている所は少ないですしね。

 

男性の陰毛は、どこからどこまで処理すればいいのか?処理はしたいけど何を使えばいいのか?まず何から始めればいいのか?どこへ行けばいいのか?基本的なことがわからないと始まらないです。

 

 

自分は、下半身の毛を2カ月に1回のペースで処理します。その処理方法は、まずはハサミと剃刀を用意します。最初にハサミで全体的に薄くします。その後に、剃刀でお尻の方から綺麗に剃っていくんですが、そこで注意するのがあんまり焦らず少しずつ毛を剃っていきます。焦って一気に毛を剃ると、皮膚が弱いのがすぐ切れて血が出るので注意してください。お尻の方から上にそって整えるように剃って終わりです。


 

 

女性と違い基本的には放置ですが、プールとか行く時には事前に水着の脇から明らかに見る人が不快に感じるレベルのハミ出し方をしていた場合はハサミで切る等して処理したりすることはあります。処理する場合も絶対に剃ることだけはしません。やはり剃ることで再度生えてきた時に以前よりも濃くなるので絶対に剃らずにハサミで切ります。別条件として皮が余っていたりすると陰毛が皮と陰茎の間に絡まって痛い事があるので、その場合は邪魔になってる部分を処理します。またパートナーに言われた場合も処理します。


 

 

自分は陰毛の処理は、定期的に行っています。期間でいうと、2ヶ月に1回くらいのペースです。どのように行っているかというと、のびた毛をハサミでカットする程度です。全部カットするのではなく、ある程度の長さを残しつつ、邪魔にならない程度にカットしています。毛の範囲が広くなりすぎた場合は、周りの薄い部分は剃っています。


 

 

最初は電動カミソリで短く剃っていましたが、どうしても綺麗に剃りきれないためにT字カミソリを使って剃ることに。最初は綺麗つるつるなのですが、少しづつ伸びてチクチクするのが気になるので毛抜きを使って抜くこともしばしば。こまめに剃るのはおすすめですが、抜くのは埋没毛などの見た目の悪さからあまりおすすめはできません。


 

 

陰毛処理にはこれまでこだわりはありませんでしたが、結婚後、嫁さんに剃刀で全部そられています。この陰毛処理の目的は浮気防止とのこと。結果として室内で陰毛の抜け毛が落ちないというメリットがありますので、現在ではすすんで全剃りをしています。欠点としては若干生えてきたらチクチク毛先が皮膚にささるため気になることがあります。結構お勧めですのでぜひ試していただければと思います。


 

 

腹毛まで繋がってしまっているのでそこは剃り、他にも広がり過ぎているところは剃っています。また、皮に巻き込まれ、痛みを伴うことがたまにあるため、陰茎付近のものは長さを短く切ることがたまにあります。その時はカミソリだと無くなってしまうので、ハサミで短めに切り揃えていく感じです。玉裏などは、うまくできる自信がないため、何かをしたことはありません。


アンダーヘア

page top