隠毛について

陰毛処理の効果

隠毛の処理は、デリケートな部位のため、自分の体質などを考慮して処理する必要があります。

 

詳細な知識を得てから処理することがキレイな隠毛を作る秘訣です!ここでは、隠毛をお手入れするメリットとデメリットについてご紹介します。

 

隠毛を処理するメリット

@ 清潔感を得られる!

 

デリケートゾーンの毛量を減らすことで、汗をかきづらくなり、排泄物も付きにくくなるので、デリケートゾーンを清潔に保てるようになります。

 

また、隠毛でデリケートゾーンが高温多湿になってしまうと、肌トラブルを引き起こしやすいので、衛生的に保つには毛量の調節が重要です。

 

そして、海外では隠毛が残っているだけで「不潔な人」と見られることもあります。

 

外国人のパートナーがいる方やこれから恋人になりたいと思っている方は、隠毛の処理は必須です。

 

A 陰毛がショーツからはみ出さなくなり、見た目に自信が持てる!

 

水着やTバックなど面積の少ない衣類を着用する時に、ムダ毛が見えて恥ずかしい思いをしたことはありませんか?

 

隠毛をキチンと事前に処理することは、そのようなストレスを感じずにレジャーを楽しむことが出来ますよね。

 

特に隠毛の毛質は「太く・硬く・縮れている」場合がほとんどですから、毛先が尖っているとショーツを突き抜けたり、ごわごわしているとハミ毛になったりするケースも少なくありません。

 

ふわふわとした柔らかい毛質にするためには、デリケートゾーン専用トリートメントを使用したり、ヒートカッターや光脱毛器など適切なムダ毛処理アイテムを使用しましょう。

 

B 嫌なニオイの発生を抑えられる!

 

隠毛を放置したままにしておくと、ムレて雑菌が増殖し、嫌なニオイを発生させる原因になってしまいます。

 

そこで、ある程度毛量を減らせば、悪臭を抑えることが可能になります。

 

C 処理方法によっては美肌効果も得られる!

 

サロンやクリニックで隠毛を脱毛すれば、「美肌効果のある光」や「シェイプアップ効果のあるローション」を使用する場所もあるので、脱毛と同時に美容へのアプローチが期待出来ます。

 

隠毛をキレイに保ちつつもデリケートゾーンのくすみ(色素沈着)を取り除き、美しいVIOラインを維持することが出来れば、気持ちよく毎日を過ごせますよね。

 

また、自宅で同様の美容効果を得たい場合は、「抑毛ローション」や「光脱毛器」を使用すると良いですよ。

 

隠毛を処理するデメリット

@ 処理方法を間違うと肌トラブルを引き起こす!

 

カミソリや毛抜きで自己処理を行うと、毛穴へのダメージが加わり、埋没毛や毛嚢炎、肌の炎症や赤み、切り傷などのトラブルになることがあります。

 

自己処理の場合は、肌に直接触れないアイテムを使用すると良いですよ。

 

A 毛量や毛質によってはかなりのコストに!

 

隠毛の処理は、安全性が高く、肌への負担が少ないもの程「高額」になることが多いです。

 

特にサロンやクリニックでの脱毛は、十数万円になることもあります。

 

B 男性(女性)ウケを狙ったのに引かれることも!?

 

女性の場合に隠毛は多すぎるとズボラなイメージを与えてしまいますが、少なすぎても「遊んでいるのでは?」と言う印象を持つ男性も少なからずいます。

 

また、男性の場合には、女性よりもキレイに整えていると女性の方がショックを受けて別れる原因になることもあります。

 

C 生理中は経血が漏れてしまう!

 

隠毛の毛量を減らすことで、今までクッションの役割をしていた働きが弱まり、生理中に「漏れ」を生じさせてしまう場合もあります。

 

特にハイジニーナ(無毛)にすると、この症状が起きやすいです。ある程度の毛量を残したり、ナプキンや下着を工夫する必要があります。

 

D 永久脱毛にしない限り、ずっと手間がかかる!

 

毛は、毛根の細胞を破壊しない限り、永遠に生え続けます。

 

ですから、永久脱毛が可能なクリニックの「レーザー脱毛」以外は、サロンにしてもセルフケアにしても永遠に生え続けます。永遠に処理し続けなければならないのは手間ですよね。

アンダーヘア

page top