隠毛について

隠毛の長さが気になる人へ

隠毛のお手入れは、男女共にデリケートな話で、参考にするものも少ないですし、かといって友人知人に話せる話でもなく、悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

 

隠毛は、長さ次第で印象がガラリと変わる部位です。

 

そして、形だけではなく、長さは見た目以外にも「衛生面」に影響を与える部分になります。

 

自己処理を行うには肌トラブルが不安だし、サロンでは他人に見られる心配があるので、どちらにしても一歩踏み出せないと言う場合もあるでしょう。

 

隠毛は、VIOラインと呼ばれます。

 

それぞれVラインと呼ばれる下着周りの部位。Iラインと呼ばれる性器周辺の部位。Oラインと呼ばれる肛門周りの部位の3ヵ所に分けられています。

 

名称ではなく、「」がアルファベットに似ていることからその名前がつけられています。

 

隠毛は、人によって毛が生える量も長さも変わりますよね。しかも、水着や下着タイプやパートナーの好みによっても隠毛の見た目は変えたいでしょう。

 

そして、面倒なことに隠毛を処理するタイミングは、手間や見た目、衛生面などを考慮して定期的に行う必要があります。

 

みなさんがどれくらいの長さで隠毛を処理しているのか?を紹介して行きます。

 

隠毛の毛周期は?

 

人間の毛は毛周期と呼ばれる成長サイクルによって伸びていますが、隠毛は他の毛と比較して伸びるスピードが速いと言われています。

 

隠毛が伸びるスピードはもちろん個人差がありますが、平均すると1日あたり約0.2mm程度です。また、女性ホルモンのバランスが崩れると伸びるスピードが速くなるとも言われています。

 

下着からはみ出さない長さで処理する

 

隠毛の処理する理由の一つに「下着からはみ出る」が挙げられます。

 

友人同士の旅行や恋人とのデート中に下着から陰毛がはみ出ていたらショックですよね。特にVラインは夏場にはみ出しやすい部位となりますので、より注意が必要です。

 

陰毛の長さが3cm以上になると、ハミ毛が気になり始める人が多いようなので、それ以下になるように隠毛を整えるようにすると良いでしょう。

 

ただし、陰毛が短すぎても今度は下着から突き出てしまう毛が増える危険性があります。ですから、適度な長さを保つことが大切です。

 

具体的にはVラインが2cm程度で、Iラインは3cm程度が理想です。

 

隠毛の理想の長さが3cmの人は?

 

最も多くの人が理想とする隠毛の長さはVラインが「2cm」でIラインが「3cm」です。3cmは適度にデリケートゾーンを隠せるちょうど良い長さ。

 

では、3cmの隠毛に整えるとどのような効果があるのでしょうか?

 

自然な見た目を作れる!

 

ハイジニーナ(無毛)にしてしまうと、いかにも「処理しました!」感が出てしまいますし、逆に長いとズボラな印象を与えてしまいます。

 

ですから、3cmがやり過ぎ感を出さずに清潔感のあるナチュラルなデリケートゾーンを演出してくれる長さと言えます。

 

水着や下着からはギリギリはみ出さないけど、裸になった時にはデリケートゾーンを上手く隠せる所が人気の理由です。

 

デザインや毛量を変更しやすい!

 

3cm程度にしておけば、無毛にしたいと思えばスッキリお手入れすることも出来ますし、そのまま伸ばせば形を変更するのも容易く出来ます。

 

常に3cm程度をキープしておいて、伸びる度にデザインを変える人もいるようですよ。1cmまで短くしてしまうとチクチク感が出てしまいますから、3cmが絶妙な長さのようです。

 

ムレを防止出来る!

 

隠毛のはみ出しの他に、「ムレ」と言う点でも隠毛の処理は必要になります。毛量の多い人ほど、デリケートゾーンがムレて衛生的に悪い状態になりやすいです。

 

下着から毛がはみ出ても気にならないと言う人でも、衛生面を考慮して長さを3cm以下に保つことが大切です。

 

隠毛の理想の長さが0cmの人は?

 

隠毛が0cmということは、無毛状態。つまり、ハイジニーナと呼ばれる処理方法になります。

 

毛が全くないと言うことによるメリットがありますが、人によってはそれがデメリットになることもあります。

 

では、0cmに隠毛を整えるとどのような効果があるのでしょうか?

 

毛のチクチクしたかゆみがなくなる!

 

どんなにお手入れをしていても、毛が再度生えて来ると皮膚にチクチクと当たってかゆみを発生させることが多いですから、その原因となる毛を全てなくしてしまうことでチクチクすることがなくなり、快適になります。

 

衛生的にも清潔感を保てる!

 

陰毛が密集していると、下着と皮膚との間で蒸れて雑菌が繁殖してしまい、嫌なニオイが出やすい傾向にあります。

 

そこで全て処理し、0cmにしてしまえば、菌の増殖を防ぐことも可能です。

 

また、お風呂上りに隠毛を乾かす必要もないので、ボディケアの時間を短縮することも出来ますね。

 

隠毛の理想の長さが5cm以上の人は?

 

隠毛の長さが「長い方が良い」と言う方も少なからずいます。

 

海外では、隠毛の処理をするのが当たり前の文化ですが、日本ではまだまだ浸透率が低く、ありのままの姿の人もいます。

 

では、5cm以上キープしている方にはどのような理由があるのでしょうか?

 

毛が薄く細くてもデリケートゾーンが見えない!

 

毛量が少ない人や毛質が細い人と言うのも少なからずいます。

 

そのような人は、短くしていると透けてデリケートゾーンが丸見えになってしまうことがあります。

 

しかし、5cm以上を残しておけば、まずは見えてしまうことはないでしょう。温泉や銭湯で恥ずかしい思いをしないためにも、必要な長さを残すと言う方法もあるんですね。

 

生理中に経血がモレない!

 

女性の多くが悩まされる経血の横漏れですが、毛が長いとその分ストッパーとして働いてくれ、下着を汚すことも少なくなります。

 

元々、陰毛は身体を守るために生えているものなので、現代では滅多にないはずですが、外部からの衝撃にも耐えられるデリケートゾーンには重要です。

 

隠毛の処理頻度はどれくらい?

 

隠毛が3cm以上になったら処理を行い、2cm程度の長さに整えることがベストです。

 

しかし、1日に約0.2mm程度伸びることを考えると、5日に1回は長さの調整を行わなければなりません。隠毛の処理は手間が多く、面倒だと思う方も多いでしょう。

 

処理の頻度を減らしたい場合には、おおよそ2週間に1回の頻度で2cm程度の長さになるように処理を行うことがベストです。

 

体毛の成長速度には、個人差がありますので、そこまで伸びるのが早くない方は、これよりも処理の間隔を長くして問題ありません。

 

隠毛の自己処理におすすめのアイテムとは?

 

実際に、隠毛の長さを整えるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

そう思っても、デリケートな部位なので、女性同士でも中々話題になりにくく、間違った処理方法をして、トラブルになる方もいます。

 

毛抜きやカミソリで処理をすると、肌に刺激を与えて黒ずみや肌トラブル(毛嚢炎や埋没毛)の原因になるので、避けた方が良いです。

 

また、多くの女性が「お手軽」と言う理由で、ハサミを使って隠毛を処理しているようですが、ハサミで隠毛の長さを整えると、切り口が鋭利になってチクチクとした原因になってしまいます。

 

そこで、隠毛の処理中に「肌を傷つけない」「処理後のトラブルを防止」と言った目的で作られたのが「Iラインシェーバー」と「ヒートカッター」です。

 

隠毛の長さはどれくらいにしているのか聞いてみました。

サロンで隠毛を処理してもらえば、適切な長さにも形にもしてもらえるので、困ることはないと思いますが、自己処理ならばどれくらいの長さに整えれば良いかわかりませんよね。

 

そこで、ここでは他人には聞きにくい「隠毛の長さ」についてズバリ聞いてみました。

 

 

私は、隠毛ーの良い形や、どのようにすれば上手く形を整えられるのか処理の仕方があまり良く分からないので、パンツからはみ出ない程度の長さになるようにヒートカッターを使って長さを整えています。 また、量が多くなってパンツの中でモッコリしてしまうのもいやなので、長さと同時に量も少なくなるように処理するようにしています。


 

 

あまりに整えるのも嫌なので、しかし手入れを一切しないのも、女性として恥ずかしいので、目安として、下着(小さめなショーツ)をつけても、隠毛がはみ出ないような長さにしています。 剃ったりするとそり跡が目立つので、毛抜きで抜き、毛を整える時は、短すぎると毛が立ち、チクチク感があり、下着からでてしまうので気をつけています。


 

 

26歳既婚者ですが、現在は伸ばしっぱなしです。全体的に自然に生やしており、長さとしては、1番長いので3センチくらい短いので1.5センチくらいです。平均2センチくらいですかね。量も多めです。結婚前は気にして短くしていたり、すいてみたり、形を整えるため剃ってみたりしていましたが・・・今は何も手を加えずありのままです。


 

 

現在は四センチメートル程度です。定期的にヒートカッターを使用しています。伸びていたとしても五センチメートル程度です。あまり長すぎるのは蒸れたりつんつんはみ出たりするので長さは揃えているようにしています。かたどってそる分けてけはないですがかくかくでもないように長さをそろえています。ある程度の長さはあると安心感があります


 

 

若い頃はまだ隠毛の脱毛は主流ではなかったため、下着からはみ出ない程度に自分で整えていました。しかし自己処理だとどうしてもカミソリになってしまうので、黒ずんできてしまいます。ようやく隠毛の脱毛も主流になってきたので、サロンでビキニラインを脱毛しました。カウンセリングをしながら、毛の量を薄く自然な感じに、長さも短すぎるのは不自然なので、下着からはみ出ない程度に整えました。


 

 

以前は何も気にしておらず、隠毛のお手入れなどはしていませんでしたが、今現在は2センチ程度の長さにしています。 妊娠したことをきっかけにお手入れをするようになりました。 診察していただく時に、何となくお手入れいておいたほうがいいような気がしたのが理由ですが、2センチ程度がお手入れしやすい長さです。


 

 

私は隠毛は直ぐに処理してしまう方でいつもだいたい1センチ弱までカットしてしまいます。 生理の時の匂いがととも気になっていましたが短くした事によりかなり防げます。そして何と言ってもスポーツをしたり夏に汗をかきやすくなる時に短い方が清潔に保てます。長い時でも1,5cmが最長です。とにかく短めに処理しています。


 

 

自身の隠毛の長さは5センチくらい。脱毛をしていないため、定期的に毛の範囲を広がりすぎないようにカミソリで処理しています。そのため外側は3センチくらいで、中央部分が5センチくらいになっています。 あまり隠毛を短く切りすぎてしまうと、ショーツを履いた時にチクチクして痛かゆくなってしまうため、適度な長さに保つことが大切だと思います。


 

 

隠毛の長さを他の人と比べたことはないですが、長くて5cmくらい短くて3cmくらいでしょうか。これが標準より長いのかどうかはよくわかりません。隠毛は下着に隠れるので長すぎて困ったということはないですが、長さのせいでかなりボリュームが出ているような気もします。たまに水着など着ることがある時は、トリミングしたりして長さを調節しています。


 

 

隠毛の長さはだいたい1pくらいに揃えています。あまりに短いと恥ずかしい気持ちになりますし、何もしないのもだらしない気がして適度な長さに調整するように心がけています。ケアは普段使用している女性用カミソリで傷つけないよう毛の流れに逆らわないように気をつけています。処理の頻度は週に1回程度を基準としています。


 

アンダーヘア

page top