隠毛について

生理の日も快適に

生理の日数は短い人で3日前後、長い人で10日前後とかなり個人差がありますよね。女性にとっては、1ヶ月に1度の嫌な習慣には違いありません。

 

経血が隠毛に付くと、気持ち悪く感じ、拭いても経血が中々取れず、独特のニオイも強烈です。ムレや痒みの不快感と言う悩みもありますよね。

 

月経は体調もお腹も痛いし、頭痛や眩暈などを起こすこともありますし、気持ちも沈みがちです。とにかくブルーですよね。

 

隠毛を処理することで、これらの生理中の不快感は少しでも軽減するのか?するとしたら嬉しいですよね。

 

そんな生理中の不快感についての話になります。これから、隠毛の処理をしようか悩んでいる方は参考にしてみてくださいね!

 

隠毛を処理するメリット

隠毛を処理するとどんなメリットがあるのか、簡単にまとめてみますね。

 

  • 見た目がキレイで衛生的。
  • 下着や水着から隠毛がはみ出ない。
  • ムレやニオイが減少する。
  • 生理時に経血が毛に付かない。

隠毛は全く必要ないと思っている方もいると思いますが、一応キチンとした役割があるんですよ。

 

例えば、「デリケートゾーンの温度を保つ(冷え防止)」「性感染症の予防」「ウイルスや細菌への防御」「怪我などからデリケートゾーンを守るクッション」などの役割です。

 

隠毛の役割を考えると、ハイジニーナ(無毛)にしてしまうよりは、自然な長さと形、毛量を残した状態で処理するのが良いように思いますね。

 

ハイジニーナにしてしまうと、デリケートゾーンがムレにくく、毛に経血が付かないので楽なのですが、逆にナプキンが直接肌に触れるので、擦れて黒ずみなどの肌トラブルを起こす原因になってしまったり、経血が多い日に横漏れすると、ショーツを汚してしまうケースも考えられるので注意が必要です。

 

なので、やっぱり「ナチュラル」処理が良さそうですね!

 

隠毛を処理して生理中の不快感はどうなりましたか?

実際に隠毛を整えたことで、生理中の不快感があったかなかったかをみなさんに聞いてみました。すると、こんな回答を得ました。

 

  • 経血が多い日のムレが軽減して爽快!
  • 生理の時の独特のニオイが大分なくなった!
  • 隠毛に経血が絡むことがなくなり、何度も何度も拭かなくてすんだ!
  • 生理中のムレや痒みなど不快感から解放された!
  • 隠毛を処理しすぎると逆にナプキンかぶれを起こしてしまったことがあるが、適度な毛量にすると肌トラブルもないし快適だった!

隠毛を処理することで、生理中の不快感が軽減した方が多いですね。

 

あまり処理しすぎても肌トラブルになってしまうようですし、初めて処理する方は中々どこまで処理していいかわからないことも多いと思います。

 

そんな方は、まず「経血で特に汚れる部位」の隠毛を簡単に整えることくらいから始めたら良いかもしれませんね。慣れてきたら、自分に合った長さや形、毛量に調整していきましょう!

 

ハサミやカミソリで剃ってしまうと一気にたくさん剃れてしまうので、「ヒートカッター」で処理するのをおすすめします。

 

ナチュラルな形に仕上げることも可能ですし、少量ずつ処理出来るため失敗も少なく隠毛を整えることが出来ますよ。

 

隠毛の長さはどれくらい?長い陰毛の整え方!

 

生生理中の不快感は隠毛の処理で変わったか聞いてみました。

隠毛を処理するメリットとして、よく聞くのが「生理中の不快感がなくなった!」というものです。

 

隠毛を処理していないと、経血が毛に付着してしまい、雑菌の繁殖に一役買ってしまいます。すると、デリケートゾーンの臭いの原因になってしまうし、実に不衛生です。

 

デリケートゾーンはただでさえムレる場所ですが、生理中は尚更ですよね。毛穴がニキビのようになってしまったり、痒くなってしまったり…。

 

生理中の毎回の不快感に耐えられなくなったある方は、思い切ってIラインだけ処理したら、トイレへ行った時にビデ洗浄すれば、経血をすっきり流せて汚れもキレイになったし、ニオイも気にならなくなったと言っています。

 

実際に隠毛を処理して、どんなことが改善したか?みなさんにも聞いてみました。参考にされてみてくださいね。

 

 

一番の違いは、「ムレ感」が減ったことです。 隠毛を短くすることで、2日目、3日目の量が多い日の「ムレ感」が激減しました。 それにより、デリケートゾーンの痒みやかぶれがなくなりました。 独特の生理時の匂いも減りました。 隠毛をある程度キチンと処理することで、生理の不快感がかなり減るように思えます。


 

 

私が初めて隠毛ーを処理した時の話です。私としては、だいぶ、生理の不快感が減少しました!仕事上、お手洗いに行く事が全然できないことが多く、気がつけば今日まだ一回も行ってない!なんて日が多く、そういう環境のためか、夜用をつかって仕事に挑むのですが、古い血液が固まって隠毛に絡まるという事態がありました。恥ずかしい話ですが。そういうこともある中、隠毛を処理して以降、普段の生理の血液が絡んでしまうということもなく、また血液が隠毛に付いて拭く範囲が広くなってしむということはなく凄く清潔に対応できる様になっています。


 

 

隠毛を処理する前は生理中にナプキンでかぶれたり、むれてしまうのが気になっていました。 また生理中独特の嫌な臭いもありました。 隠毛を処理するようになってからは生理中のナプキンによるむれや臭いが気にならなくなり、不快感が減りました。 ただ処理したばかりの時にナプキンを当てるとはえかけた隠毛がチクチクとして、そこだけは不快感が消えませでした。


 

 

隠毛を処理しておくと、生理中の不快感が減ってきました。生理中には、ナプキンなどをあてて、ショーツの中がむれてしまうことが多いので、汗をかく季節には、においの原因になってしまいそうだからです。隠毛に、生理から出る不快なものが、まとわりつくこともなく、清潔感を保つことができ、生理中を快適に過ごすことができます。


 

 

隠毛を処理をしていない時は、臭いやムレがとても気になるし悩みばかりでした。 しかし、隠毛を処理すると、臭いは無くなりムレてかゆくなることもなくなりました。 やはり処理して清潔にしていると悩みがなくなるので処理してよかったと感じました。 自己処理ではなく、脱毛をしているのでチクチクもしないし夏の時期水着を着ても不安になることはありません。


 

 

断然整えた後の方が不快感が少なくなりました。 夏場は特に暑さによる蒸れなどで痒みが強く、塗り薬が手放せない状態でしたが整えてからはマシになりました。 もちろんまったく無くなった、ということはないのですけれどそれでも赤みや炎症、強い痒みは少なくなり塗り薬をうっかり忘れてきても1日耐え切れるくらいには改善されました。


 

 

生理中は隠毛が多いと蒸れてしまいどうしても不快に感じる事があります。私は以前隠毛を処理してみた経験があります。脱毛まではしていなく、パンツからはみ出る部分を少し自己処理する程度であったため、特に生理中の不快感が減ることはありませんでした。しかし、脱毛などをしてもっと薄くなればきっと生理中の不快感が変化するのではないかと考えられます。


 

 

隠毛の処理を最初するのは迷ってました。 処理はどうやってしたら良いか、でも処理しないと隠毛が下着からはみ出てくることもありました。 隠毛を処理して生理がきた時、最初は不快感がありました。 しかし、慣れてくると不快感もなくなりました。 今では普通に隠毛の処理をしていけるようになりました。


 

 

私が隠毛ーを処理するようになった時は高校生の頃です。その時は形を整える程度だったのですが私の周りの友達が脱毛サロンでVIOの脱毛をしてると聞き興味が湧き私もVIOの処理をするようになりました。もともと生理の時量が多く不快感があり頻繁にナプキンを変えたりしなきゃいけなかったのですが処理を初めてからあまり不快感を感じる事がなくなり生理が来るのが嫌だったのですが今ではそんなに嫌では無くなりました。


 

 

隠毛の処理をしたら不快感は軽くなりました。前は整えるだけでしたが、量をかなり少なくするやり方に変えました。今まではどうしても毛にも血が付いてしまい毛自体が血で固まってしまいとても不快でしたが、短くして量を減らしたところ、血はつきますがべったりとつくこともなくなりました。日中も蒸れも少なく感じました。


アンダーヘア

page top