隠毛について

スソワキガとは

ワキにニオイが発生するように、陰部にもニオイがあります。

 

毎日体をキレイに洗っているにもかかわらず、陰部から独特のニオイが発生する場合はスソワキガの可能性があります。

 

陰部は、恥垢や汚れが溜まりやすい部分なので、どうしてもニオイがつきものです。

 

しかし、スソワキガのニオイというのは、陰部を洗って数時間後にはすでにニオイが発生し、他人に気付かれるほど悪臭を放つのが特徴です。

 

まずは、スソワキガの症状を参考にセルフチェックをおこないましょう。

 

スソワキガチェック

 

ワキガは遺伝が関係しているという説もありますが、その根拠は定かではなく、傾向があるというのが正しい解釈かもしれません。

 

体質的にニオイが発生しやすい人は、アポクリン汗腺の数が多いことがわかっていますので、陰部のニオイが続く場合は、スソワキガの可能性が考えられます。

 

パンツに黄色いシミがついたり、ブラジャーの内側に二オイが染み付いている人は要注意。体臭とは異なる部分的なニオイはスソワキガの人に多く見られる症状なので対策が必要です。

 

  • 下着が黄色くなる
  • 耳垢が湿っている
  • ワキガ体質
  • 乳首や胸元が臭う

 

陰部のニオイ全てがスソワキガではない

 

陰部が臭うからと言って全てがスソワキガではありません。生理中は誰でもニオイがしますし、陰部の洗浄を怠ればニオイが発生して当然です。

 

雑菌

雑菌は高温多湿の環境を好みますので、陰部は雑菌にとって繁殖しやすい環境と言えるでしょう。尿やおりもの、月経血は雑菌にとって栄養源となりますので、雑菌が繁殖する時に出す臭いが悪臭の原因となっているんですね。

 

女性特有の病気

淋病に始まる性病から、子宮頸がん・子宮内膜症・細菌性膣炎などによる女性特有の病気が原因で臭いが発生している可能性があります。放っておいても改善する事はないので、悪化させる前に婦人科を受診するようにしましょう。

 

陰部を洗浄した時にキレイにニオイは解消されて、数時間後に悪臭が発生しないのであれば、それほど気にしなくても問題はないでしょう。

 

陰部の臭いが気になったら何科?

 

陰部の臭いが気になって受診したくても、間違って受診したら恥ずかしい…と思っている方もいるのではないでしょうか。そのまま臭いを放置しておく訳にもいかないと思うので、ここで紹介しておきます。

 

まず、スソワキガかどうかの診断や治療を考える方は「美容外科」か「形成外科」を受診するといいでしょう。ワキガの診察しか行っていないクリニックもありますので、ホームページなどで確認してから受診すると確実ですね。

 

男性医師よりも女性医師の方が相談しやすいと考える方もいるかと思います。その場合は女性医師がいるクリニックかどうかも調べてから受診するといいですね。

 

また、おりものが多いと感じたり黄色味がかっているようなおりものの異常が原因で陰部が臭っている場合は、性病などの可能性も考えられるため婦人科を受診する方がいいと思います。

 

スソワキガ解決法

 

残念ながらスソワキガを根本的に完治させるには専門的な手術や治療が必要です。そうかと言ってクリニックを受診するのはかなり抵抗があります。

 

陰部の悪臭を解消したい方は、「柿タンニン」という成分が配合されたデオドラント剤を使用しましょう。

 

柿タンニンは昔から消臭効果の高い成分として様々な商品に配合されてきました。一時的な解決策にしかなりませんが、ニオイを放置するよりはマシ。

 

周囲に気付かれてしまう前に柿タンニンで陰部の不快なニオイを解消しましょう。また、デオドラント剤以外にも、専用ソープを使用するのも有効です。

アンダーヘア

page top