陰毛処理の種類

陰毛の処理方法って何がある?

陰毛の処理をいざしたい!と思っても、他人には中々聞けないデリケートな話題のため、何を使って、どうやって陰毛の処理をすればいいかわからない!という方も多いでしょうね。

 

まずは「ムダ毛処理アイテム」道具選びから始めましょう。

 

@ カミソリでの自己処理

とりあえず、初めての脱毛処理をしてみようと思う方が多く使うアイテムはこちらでしょうね。コストもかからず、一番手軽で脱毛のイメージも浮かびやすいですよね。

 

ただし、カミソリでの処理は、皮膚の角質を一緒に削ってしまったりして、肌を傷めてしまう可能性が高いので、保湿ケアなど丁寧に気を付けながら整えなければなりません。

 

隠毛をカミソリで剃っても痒くならない方法

 

A 毛抜きでの自己処理

毛抜きは、カミソリと同じくらい手軽に処理できる方法にも関わらず、同じくらい肌トラブルを起こす可能性の高い方法です。

 

実は毛抜きでの自己処理が一番、肌に負担をかけてしまうんですね。埋没毛の原因にもなってしまうので、あまりおすすめ出来ません。

 

陰毛を毛抜きで抜くための処理方法と体験談

 

B ハサミでの自己処理

ハサミも自宅に1本はあるものですし、100均などでも購入できるため手軽で簡単に処理出来るので人気ですね。

 

しかし、ハサミで切ると毛先が鋭く尖ってしまい、ショーツから毛が突き抜けたり、毛がチクチクと肌に当たるため、痛かったり、痒くなったりしてしまいます。

 

ハサミを使って隠毛を処理する方法。チクチク痒くならないために

 

隠毛を軽くするためにすきばさみを使ったことありますか?

 

C ヒートカッターでの自己処理

Vラインを処理したいのであれば、おすすめはこのヒートカッターです。

 

ヒートカッターは、毛を熱で焼き切るため、カミソリやハサミで処理した時のように毛先が鋭くならずチクチク感を感じません。

 

長さの調整にとてもおすすめな方法です。ただし、ハイジニーナ(無毛)のような隠毛にすることは出来ません。

 

ヒートカッターの使い方!隠毛がチクチクしない処理方法

 

隠毛にトリートメントを使った効果

 

D ブラジリアンワックスでの自己処理

欧米で主流なのは、このブラジリアンワックスです。欧米で人気に火がつき日本にも来ました。ワックスを塗って、特殊な紙を貼り付け、剥がすだけの簡単3ステップの脱毛方法なので簡単です。

 

痛みは多少伴いますが、一気に剥がしてしまった方が楽ですし、一瞬の我慢なのでそれ程苦痛ではありません。

 

隠毛をブラジリアンワックスで処理する方法

 

E 電動シェーバーでの自己処理

電動シェーバーは、カミソリのような刃を肌に直接当たる設計ではないため、比較的肌に優しく負担をかけないで処理することが出来ます。

 

また、Iラインの処理を行いたいなら、Iラインシェーバーがおすすめです。メーカーによって、性能が大きく違うのでよく確認してから購入しましょう。

 

隠毛を電気シェーバーで処理する方法!

 

Iラインシェーバーを使って隠毛のムダ毛を処理!

 

F 家庭用光脱毛器での自己処理

「脱毛サロンへ行く時間がない!」「そこまでコストをかけられない!」「デリケートゾーンを見られたくない!」という方におすすめなのが、家庭用光脱毛器ですね。

 

自宅にいながらにして、脱毛サロンでの施術のような効果が期待できます。

 

ただし、気を付けたいのが脱毛器選びです。安価なものを選びすぎると、自分が脱毛したい部位には使用出来ない場合があったり、安いと思っていても使い捨てで何回か使用したら製品ごと変えなくてはいけないものもあります。このようにメーカーによって性能が大きく違いますので、よく吟味してから購入しましょう。

 

自宅でできる!光脱毛器を使って隠毛を処理する方法

 

G 脱毛(除毛)クリームでの自己処理

ハイジニーナ(無毛)にしたい場合には、この脱毛(除毛)クリームの方法がおすすめです。また、部分的に無毛にしたい場合にもおすすめです。

 

特にOラインの処理は自分では中々見えない部位なので、塗って、放置して、洗い流すだけの脱毛クリームは簡単に出来ますね。

 

隠毛に除毛クリームを使った処理方法と効果について

 

肛門の毛(けつ毛)の処理は除毛クリームがおすすめ!!

 

H 抑毛クリーム(ローション)での自己処理

抑毛クリーム(ローション)は、塗ったらすぐに毛が処理できる脱毛クリームとは違い「即効性はない」ですが、将来的に毛を「抑毛(薄く)」出来る方法なので、他のムダ毛処理アイテムと併用して使用することをおすすめします。

 

毛の発毛周期を遅らせたり、毛自体を細くする効果があるので、脱毛処理の頻度が格段に下がり、楽が出来ますし肌にも優しいです。

 

I 脱毛サロンやクリニック

一番安全で確実な方法は「プロ」に任せる方法です。

 

今やVIO脱毛は脱毛サロンやクリニックの人気メニューです。以前と比べて、費用もどんどん安く手軽に受けられるようになってきました。

 

時間はかかりますが、確実にキレイにしてもらえます。

 

隠毛脱毛を失敗しない!サロンとクリニックの違いや処理内容

 

自己処理(セルフケア)では常識!知っておいて欲しいこと

毛抜きは危ない

 

ムダ毛処理アイテムの中で、毛抜きは真っ先に思いつくアイテムの一つだと思います。

 

しかも、毛抜きは剃っただけのカミソリとは違い、抜けば「しばらく生えてこない」と言うメリットがありますよね。

 

しかし、一度毛を引き抜くと、その後に生えてきた毛が毛穴で詰まってしまい、生え切らないことがあります。これが「埋没毛」と言うものです。

 

このトラブルが一番起きやすいのが毛抜きです。しかも、それを無理やり針などでほじくり返そうとすると、菌が入ってしまい「毛嚢炎」なども起こしてしまいます。

 

カミソリよりは電気シェーバーが安全

 

毛抜きより安全なのはカミソリですが、カミソリも刃が直接肌に当たるので、毛と一緒に肌の角質まで削ってしまい乾燥や色素沈着などの肌トラブルを起こしやすいアイテムです。

 

そこで、カミソリを電動にした「電気シェーバー」というものがあります。

 

カミソリと電気シェーバーは同じものでは?と思われがちですが、電気シェーバーは刃が直接肌に当たらないので、肌にかかる負担がカミソリよりも格段に低くなります。

 

ただし、

 

さらにデリケートゾーンに負担をかけない点では、「Iラインシェーバー」や「ヒートカッター」がおすすめのアイテムです。

 

確実なのは、やはりサロンやクリニック

 

サロンやクリニックは、初めての方には敷居の高い場所かもしれませんが、プロが施術してくれるので、一番安全で確実に脱毛出来る所です。

 

特に肌が弱い人は、自己処理だと肌トラブルを起こしやすいので、結果皮膚科へ受診しなければならないこともあります。

 

また、ムダ毛処理アイテムは、消耗品ですし、定期的に脱毛しなければなりません。ですから、余計にお金がかかるためサロンの方が安いこともあります。

アンダーヘア

page top